読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レイはやる気ゼロ

16歳ニートのやる気を0から1へ

検索すべきワードは「3.11」だったのか

16歳不登校日記

東日本大震災から今日で6年。

 

Yahoo!で〝3.11〟と検索すると、10円の募金になる、というキャンペーンが話題になってます。

fukko.yahoo.co.jp

 

正直、どうかしてると思います。

単なる企業のキャンペーンです。

これに乗っかって、役に立ったと思っている人の殆どは、単なる自己満足だと思います。

  

 

 

 

募金がしたいなら、自分のお金ですればいい。

それこそ、インターネットで検索すれば、募金を受け付けている団体が見つかるはず。

 

 

東日本大震災について知りたいなら、検索ワードは

東日本大震災

でいいはず。

 

 

災害の備えについて知りたいなら、

「防災」

でいいはず。

 

 

私たちが検索すべきワードは、少なくとも3.11ではないはず。

 

 

 

 

 

過去の教訓は未来に生きる。

それは確かです。

だから、東日本大震災を思い出す事は必要。

3月11日という言葉が、震災を振り返るため、忘れないために意味を持っているのは確かです。

 

 

でも、3月11日は東日本大震災だけではありません。

誰かの誕生日だったり、

誰かの記念すべき日だったりします。

 

 

もっと言ってしまえば、災害だって東日本大震災だけではありません。

阪神淡路大震災も、

熊本地震もです。

 

東日本大震災の翌日に起きたため、大地震にも関わらず殆ど知られていない、

「栄村大震災」

というのもあります。

 

火山の噴火だって、

土砂崩れだって、災害です。

 

 

 

 

3.11だからアクションを起こすべきと言うなら、私たちがすべき事は過去の災害を踏まえ、防げる災害に備えることではないでしょうか。

 

 

 

私が今日調べたのは、私が住む町について。

断層は近くにないか。

避難所はどこか。

津波が来るとしたらどこに逃げるか。どの道で逃げるか。

地盤は安全なのか。

 

これが、私なりに考えて検索したキーワード、

私なりの3月11日の過ごし方です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村