読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レイはやる気ゼロ

16歳ニートのやる気を0から1へ

202日目 「面倒臭い」は、生活を楽しくする【16歳不登校日記】

5月15日(月)  

 

9:00
起床
勉強

 

11:30
昼食

 

13:00
勉強

 

18:00
だらだら

 

19:30
夕食

 

20:00
だらだら

 

21:00
入浴

 

21:30
だらだら

 

23:00
就寝予定

 

 

最近、というか以前からですが、色んなことが物凄く面倒臭いです。

しかし、「面倒臭い」がきっかけで、日常生活がちょっと楽しくなったりします。

 

 

 

例えばですが、

 

自転車漕ぐのがめんどくさい

→ギアを限界まで重くすれば漕ぐ回数が減る!

→足に負荷もかかるから運動にもなって一石二鳥!!

 

 

という具合です(笑)

 

 

面倒臭い事って、アイデア次第で排除したり、何かと組み合わせて1本化したり出来るもんなんです。

 

 

今まで私は、面倒臭いのを理由に運動を避けていました。

が、「自転車を漕ぐのが面倒臭い」と思った事がきっかけで、自転車と運動を結びつけ、移動のついでに運動する習慣がつきました。

 

 

 

さらに、自転車×運動という閃きが嬉しくて、自然に自転車に乗るのを楽しく感じるようになりました。

 

ここまでくると単なる発想の転換みたいになりますが、

「面倒臭い」と思っていたことが面倒くさくなくなり、楽しく感じられるのは本当に気持ちのいいものです。

 

 

「面倒臭い」ものを

無くてもいいもの

無くせないもの

 

に分類し、

無くてもいいものは切り捨て、

無くせないものは、効率よくなるように工夫すれば

 

生活はよりシンプルに、より豊かに、より楽しくなります。

 

 

 

 

実は「面倒臭い」という感情は、アイデアや可能性の宝庫なのかもしれないね(๑•᎑•๑)

 

 

ではおやすみなさい。+☆

 

 

 

 

P.S.もっと上手に「面倒臭いからの発想の転換」を表現したいのに、文章にするのがすごく難しい( ´•ω•` )

凄く分かりづらい内容だと思いますが許してくださいm(_ _)m