レイはやる気ゼロ

ニートのやる気を0から1へ

フィギュアの台座をダンボールで自作してみた。

先日ブックオフで購入したフィギュア、台座がついていませんでした・・・

そんな訳で自作してみました。

 

 

こんなふうに足から出っ張っているタイプなので、比較的簡単だったように思います。
f:id:rei-zeroneet:20170619130647j:image

 

 

 

使ったもの

ダンボー

・ボンド

・ハサミ

・筆記用具

 ・紙やすり(なくてもOK)

 

 

 

まず、ダンボールを台座のサイズに切ったものを3枚用意します。
f:id:rei-zeroneet:20170619131009j:image
f:id:rei-zeroneet:20170619131039j:image

 これを重ねて台座にします。

 

3枚にした理由ですが、一度試作をして決めました。

・フィギュアが自立できる。

・出っ張りが底からはみ出ない。

という条件をクリアすることが重要です。
f:id:rei-zeroneet:20170619131226j:image
f:id:rei-zeroneet:20170619131231j:image

 

ですから、自分のフィギュアに合った枚数にしてください。

 

 

 

 

そして、そのうちの1枚に穴を開けます。

 

ペンで足の位置に印をつけてから、ハサミで穴を開けました。

穴のサイズはテキトーですが、穴の位置はしっかり確認してから開けていきます。
f:id:rei-zeroneet:20170619162851j:image

 

 

ぴったり!
f:id:rei-zeroneet:20170619132009j:image

 

 

そうしたら、ダンボールを3枚重ねます。

もちろん穴を開けたものが1番上です。
f:id:rei-zeroneet:20170619132046j:image

 

ボンドで重ねたダンボールを固定し、乾くのを待ちます。

重しを置くとしっかりくっつきます。

 

 

 

 

 

ボンドが乾いてダンボールがしっかり固まったら、作業再開。

 

まず、全体の形を整えます。

側面の凸凹を平にします。

かるーくやすりをかけたり、ハサミで整えたり。

まあ、気にならないならやらなくてもOK。

 

 

そして、調整しながら足を入れる穴を深くしていきます。

穴を貫通させないよう注意!!

ある程度深くなったら、フィギュアをぐいっと押し付けて立たせるといいかもしれない。

深さをぴったりに出来ます。

 

 

これでほぼ完成。

自立します。

f:id:rei-zeroneet:20170619161312j:image

 

 

 

が、このままだと貧相なので、布をまいてダンボールが見えないようにします。

 
f:id:rei-zeroneet:20170619161429j:image

(家にろくな布がなかったので、かなーりださいですがご容赦ください)

 

 

ダンボールよりふた周りくらい大きめにカットし、ダンボールと同じ位置に穴を開けます。

ハサミで十字に切り込みを入れると、開けやすいです。
f:id:rei-zeroneet:20170619161810j:image

 

穴がズレないようにダンボールにまき、ボンドなどで固定すれば完成!

 

 

 

布をまいてもフィギュアはしっかり自立します。
f:id:rei-zeroneet:20170619162001j:image

 

 

 全体像
f:id:rei-zeroneet:20170619162400j:image

 

 

ダンボールに直接色をつける、形を変える、コーティングをするなど、工夫しだいでより自分好みにできると思います。

 

手軽に作れるので、是非お試しあれ。