レイはやる気ゼロ

ニートのやる気を0から1へ

237日目 寂しいから、1人になる【16歳不登校日記】

6月19日(月)

 

9:00
起床
ストレッチ
朝食

 

10:30
工作
土いじり

 

12:30
ブログ

 

13:30
昼食

 

14:30
工作
ブログ

 

16:30
だらだら

 

19:30
夕食

 

20:30
入浴

 

21:00
ブログ
だらだら

 

23:00
就寝予定

 

 

 

私、凄く寂しがり屋です。

すごく臆病です。ビビリです。

暗闇は怖いし、電車に乗るだけで「荷物盗られるんじゃないか」と不安になります。

人からどう思われるのか、すごく気になります。

 

だから努力で解決できること、克服できることに関しては全力で取り組みました。

「頑張って解決した」という意識が凄く強かったので、その分プライドも人一倍でした。

 

 

そのせいか、努力で解決できない事に弱いです。

先程挙げた、暗闇、電車などがその一部。

 

 

 

そして、努力したけれど解決できなかった事が、人付き合いです。

私が寂しがり屋なのは、これが原因です。

 

 

人付き合いというのは、運や親の方針など、努力で解決出来ない要素もあります。

が、コミュニケーション能力が低い私はとにかく苦手でした。

 

人の輪にうまく入れないんです。

話しかけても空回りします。

気づいたら自分以外のメンバーで会話が進んでいて、私は相槌をうつだけ。立っているだけ。

話している内容にもついていけない。

 

 

「集団の中にいるのに自分を認識してもらえない」

「私がここに居ようが居まいが何も変わらない」

という状況が凄く辛かったです。

 

家族、友達グループ、部活仲間、クラスメート・・・

人が沢山いればいる程、より孤独を感じるという不思議な状態でした。

 

 

 

 

だから、インターネットがすごく好きです。

 

以前、

Twitterの呟きはみんな校長先生の挨拶レベルでしか聞いていない」

というようなツイートを見たことがあります。

 

つまり、インターネット上では

「あー誰か下らないこと喋ってる」程度には気づいてもらえるんです。

 

たまーに私の言葉を気にいってくれる人がいるんです。

 

人に言えない秘密の趣味、癖を理解してくれる人がいるんです。

 

少ないですが毎日必ず何人かがこのブログを覗いてくれているんです。

 

 

 

 

1人ぼっちのはずなのに、誰かが見てくれる。私の居場所を認めてくれる。共感してくれる。返事をくれる。

不思議な状態だけど、すごく幸せです。

 

 

だから私は今、とりあえず1人です。

 

 

 

ではおやすみなさい。+☆