レイはやる気ゼロ

ニートのやる気を0から1へ

女だけど恥を捨てて1000円カットに行った話【コミュ障必読】

髪の毛を切りたい。
だけど、話しかけられてプライベートまで踏み込まれる美容室はコミュ障の私とって地獄・・・
しかも、安いお店でも切るだけで2000円はかかる・・・

 

自分で散髪する技術もないし、どうしようかと悩んでいた時に知ったのが「1000円カット」という選択肢でした。

 

ネットで調べると、結構高評価で利用する女性もいるらしい・・・

しかし、1000円カットというとやはり男性が利用するイメージ。
オヤジのような発言が目立つ私も一応、花のJKでございます。
1度切ってもらおうとしたのですが、恥ずかしさに負けて店の前で帰ってしまいました。

 

 

そして半年の月日を経て本日再チャレンジし、見事帰還したのでレポート致します。

利用したのは、最寄りのお店のQBハウス

QBハウス "10分の身だしなみ"


f:id:rei-zeroneet:20170804204650j:image

 

 

①お店の仕組み

すごく清潔感のある空間でした。

間取りはこんな感じ。
f:id:rei-zeroneet:20170804204642j:image

お客は私の他に、おじ様、男子学生、おばあ様2人でした。
場違い感をぐっと堪えて待ちます。
ちなみに、1度列を出たら並び直さないといけない様な仕組みになってました。

 

切るところは、こんな感じ。
f:id:rei-zeroneet:20170804204706j:image
ケープに手を出すところがないのでスマホをいじったりはできませんが、TVに共同ヘッドラインのニュースや天気予報、お店のCMが流れてました。

 

切り終わると、クシとおしぼりをくれました。
f:id:rei-zeroneet:20170804204745j:image
切る時に使ったクシなので、髪の毛がついてますがまあそこはご愛敬。

 

 


②カットの感想

率直に言います。

すごく良かったです。
コミュ障にはありがたいお店。

 

まず、必要なことしか聞かれません。
髪型の注文、
切っている途中での長さ確認、
梳いたり段を入れたりするかどうか、
最終確認、
この4回しか質問されませんでした。
もちろん世間話もなし。

 

私が以前利用していた美容院では、
「それじゃあ梳きますねー(ジャキッ)」
「え、あ、ちょ、」
とか、
「はい終わったよー。段入れちゃった♡」
とか、
こちらの注文を聞く前に、その場で美しくみえる髪型にされることが多々あったのですが、今日はそういうことは一切無し。

 

質問も「段を入れますか」「梳きますか」など、YesかNoで答えやすい上に端的でわかりやすく、ありがたかったです。


「左右の後ろ髪が肩の少し下になるように切ってほしい」
「段を入れたり梳いたりしないでほしい」
「前髪は切らないでほしい」
というのが私の要望でしたが、全て叶えてくれました。

 

また作業が非常に手速く、15分で切り終わりました。

美容院は、行き帰りも含めれば半日潰れるのを覚悟しないといけないのでとても助かりました。

 

Before
f:id:rei-zeroneet:20170804205206j:image

After
f:id:rei-zeroneet:20170804205241j:image

 (二重アゴ?何の話かな☆)

 


③メリットとデメリット

メリット
・短時間。女性の私も、15分ほどで終了。
・安い。1000円だから、頻繁に行ける。
・コミュ障に優しい環境。
・髪型によってはアドバイスもくれるが、基本お客の要望に忠実に切ってくれる。

 

デメリット
・濡らさずに切るので、毛が散りやすい。吸い取っては貰えるが、体のどこかに付いてるんじゃないかと心配になる。
・パーマやカラーリングはなし。カットのみ。
・ブローはないので、髪がはねやすい。(個人差はあると思う)

 

 

黒髪主義の真面目さんとか、校則で染めたりできない学生には凄く良いサービスだと思います。

パーマとかかけたい人は美容室へGO😊

 

 

デメリットの対処法は、
・お出かけ前には利用しない
・家に帰って髪を洗い、丁寧に乾かす
だと思います。

 

 


④感想

若い女が1000円カットに行くのって、結構勇気がいると思います。私も半年かかりました。
でも、行ってしまえばどうってことないです。


詮索する人もいないし。もし、行こうか悩んでいるなら行くべきです。
最初の1回の勇気がもてたら、後はなんとでもなります。
細かい注文をするのが怖かったら、毛先を少し整えてもらうだけでもいいと思います。

 

 

 

それでは。+☆